宮城県多賀城市

地域医療への貢献と皆様の「かかりつけ薬局」を目指す。

すずらん調剤薬局

tel
022-364-3681
fax
022-364-3695

さあ、どこからでもかかって来なさい!

今朝も早くから残務整理・・。



メジャーなドリンクが欲しかった・・(泣)

さて、インフルエンザいよいよですね。
すずらんではタミフル、リレンザそしてゾフルーザとフル回転です。

宮城県感染症発生動向第1週では仙南、気仙沼管内でインフルエンザの定点医療機関当たりの患者報告数が注意報発令基準(10名)を超えました。
今週の患者さんは小児よりも大人の患者さんが多いように感じます。

午前中に来局された患者さん(60代男性)は、「なんかいつもの風邪とちがって少し体がだるいので受診したらインフルエンザだった。いや~ビックリだ~」とのこと。
昨日、一昨日と重要な会議にも参加していたらしいです。
13日には成人式の挨拶もあるのだとか・・?
この患者さんの症状は高熱が出ない、いわゆる「隠れインフルエンザ」だったようです。

体温調整の機能が低い高齢者や、予防接種を受けた人は熱が上がりにくい傾向にあり注意が必要です。
家族や職場の方々にうつさないためにも、高熱などのインフルエンザ特有の症状が現れない場合でも早めの受診が肝心です。

 

インフルエンザの予防対策のおさらいです。

1 流行前にワクチンを接種する。

2 咳エチケットを実施する。

・咳やくしゃみを他の人に向けて発しない。

・咳やくしゃみが出るときはできるだけ不織布製マスクをする。

・とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや
ハンカチなどで口と鼻を覆う。

・ティッシュはその都度捨てて、その後は手を洗う。

3 外出後、流水・石けんで手洗いをする。(アルコール製剤による
手指消毒も効果的です)

4 適度な湿度を保持する。

乾燥しやすい室内では、加湿器などを活用し適切な湿度(50~
60%)を保つようにする。

5 睡眠などの十分な休養と、バランスの取れた栄養摂取を心掛ける。

6 流行期には人混みや繁華街への外出を控える。

7 具合が悪い時には症状の重症化を避けるため、早めに医療機関を
受診する。

参考:厚生労働省「インフルエンザQ&A」


 

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

3MARCH 2019

3月 2019
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記