東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

ドイツ戦勝利おめでとう

野球のシーズンも明治神宮全国選抜高校、大学野球大会を最後に、国内試合は終わり、WBCが来年春から始まる
侍JAPAN vsジャイアンツ、壮行試合を観戦したが、ダルビッシュ、大谷投手等の海外組みの参加もあり来年は期待できる

サッカーWCもカタールで始まり、2日目登場した八幡烏ブルーJAPANもご加護があったのか、権田GKのペナルティによる
PK1点をドイツに献上しただけで、森保監督の後半戦の選手起用は最高で、堂安、南野、浅野、三苫の後半からの若手攻撃陣により、2ゴールをダッシュし、日本チームに勝利をもたらす、もちろん前半組みの献上1点のみで後半に繋いだ総合力は大きい

前半の押されぱなし、最後の7分間のアデイショナルタイムのドイツの猛攻はとても魅力的だったが、個人プレーが目立ち、得点に結びつかず、試合を通して世界一GKノイアーの踏ん張りは目を見張るものあり、しかし攻撃陣は世界一ではなかった

日本は数十年前日本人として初めての奥寺選手を1FCケルンに送り、現在でもドイツに長谷部選手を送り、チームの日本人初めての指導者になりつつある、森保監督はドイツ戦に4年前より準備を
続けた

清水エスパルス権田GKを除いて、ほぼ海外ヨーロッパ組みが主力のチーム、ドイツ、スペインと試合が出来る喜び、勝ち点をとりたいという攻撃陣、DFである、ドーハの悲劇には向いてない世代である

今回、ドイツの枠内シュートを守りきった権田GKは殊勲甲だが、ほぼ接触なしで相手選手が倒れたところに、あの上からのダイブでドイツ選手を潰した反則は
ボクシングでダウンしている選手に対してさらに打ち続けるようなもの

危険な行為として、一発退場、レッドカードもあり得たかも
シュミット、川口選手では厳しい試合だったかもしれない

私なら
 

コメント

ただいま、この記事ではコメントを受付しておりません。

12DECEMBER 2022

12月 2022
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記