東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

余人をもって代え難し

先日、辞任に追い込まれたM元首相に対する唯一の褒め言葉

私の題名作りで語源を調べていたら出てきてしまう

M元首相好かれるタイプだが、首相の時から失言の山、現代のリーダーには向いていない
しかし嘘つきではないことは他のひとに勝るだろう

リーダーに担ぎ上げた国民に問題、今回では外国の反応に敏感過ぎた国民にも厳しすぎた一面もあり

なぜ謝ったのに許されないのだろうか、もちろん国民の支持を失ったリーダーは辞めざるを得ない

罪人に石をなげていた街人に、罪のない人は投げても良いと識者が言うと、全ての人がその場を去り、
石打ちの刑の人が助かった出来事の故事を思い起こす

M元首相、聖人君主ではない、朴訥で、チャーミングだから選ばれたのでは、この大役、大病を押して頑張っていたのに
辞めざるを得ない残念な発言だった

オリンピック憲章を優先するということは世界平和、男女差別、国民的差別を無くす、平等のクーベルタン男爵の思想が
連綿と生きる

五大陸、小さな島々、国的差別、人種差別、男女差別、性的マイノリティ、心身の障害差別のない国はないのだろうか

私の知っているだけで数限りない、欧米人のセンスで許されない国、多数あり
でもオリンピック開催の時には、その条件は加味されない、なぜ今回大噴出したのか

いずれこの問題は日本以外の国に対しても噴出するだろう

政治から離れて考えてみる
教育、企業のコングロマリットで大成功した渋沢栄一氏は日本の黎明期では他に類を見ない
連続ドラマのテーマになる人物だろう、算盤と論語は大昔読んだが、全て忘れてしまう、王子飛鳥山の旧居は訪れたこともある

昨日、最後の富士ゼロックス杯に優勝した鬼木監督、現代の闘将である
もちろん5人サブを使って良い時代のつきもあるが、実に試合運びが上手い

選手時代のことはほとんど知らず、実物は一昨年2試合、川崎市等々力サッカー場観戦のみ

今年の天皇杯もTv観戦、昨日のTv観戦のゼロックス杯でも采配は見事である

昨年三苫選手の劇的成長により、さらにレアンドロダミアンに主将の座を奪われベンチウオーマーのスーパー控え小林選手大好きである

2-0の主役三苫選手を2-2なのに下げ、昨年移動してきた2人を入れ、ゲーム作りを鬼木風に戻し、ロスタイム数分で終わる時に小林選手投入、そして前線にいる彼に全てボールを集めさせ3-2になるゴールを試合終了30秒前に決めさせた


つまり選手起用、選手のその日の精神状態、コンディションまで含めて、全て知っているかのような采配である

昨年引退を表明した中村憲剛選手、正月の天皇杯戦最後まで出るチャンスがあり、本人もピッチ脇で監督にアピールしていたが起用せず、本日tv解説をしていた

最後の瞬間まで試合に勝つという集中では個人的想いは優先しない、それが鬼木監督だろう
もちろん試合終了後に中村選手の側によりごめんなさいをする、中村選手も素直に受け入れる、次のリーダーに直前の
姿を見ることができる

昨日の試合Tv観戦の私から見た最高殊勲選手はレアンドロダミアンである、攻撃はもちろん献身的、自分の怪我も恐れない守備がなかったら、ジェントルマン宮本監督の大阪ガンバに負けていた

おおさかといえば、昨日の全豪オープン Naomi Osaka 選手の優勝は凄い、大阪府出身、米国拠点、スタッフ日本人2人いる

いくら格下とは言え、十分にNaomi 選手の弱点を狙ってきた、でもNaomi 選手の勢いに自滅、Naomi 選手のファーストサービスのポイント稼ぎ、相手のサービスををリターンする動きは秀逸でした、準決勝のセレーナ選手との戦いが事実上の決勝戦でした

先ほどのM元首相が世界の一部で悪評だったが、日本は日本創生の天照大神から、富士山の木花之開耶姫、現在のヒロイン大坂なおみ選手まで、女性上位で国民を護り、鼓舞する国でもある

試合後のセレモニーでは大会組織委員長がOsaka Naomi 選手の一年間のゲーム及び社会的アピールに対して評価する
昨年の死に追い込まれた方々へに追悼マスクも印象的である、優勝しなければ、全ての5人のマスク使えず、その精神力と
技術はスタッフも含めて余人をもって代えが難し、気弱なNaomiを育てた全米デビューでのコーチのおかげもある

松澤薬局を始めて44年目に入る、なかなか素敵な営業マンに出会うことがない
代表的なのはI氏、営業本部長の時に初めてお会いした、今はCEO
もう1人、なかなか私を満足させない人物が多い中、私の期待以上の行動をする東京営業部長M氏

余人をもって代え難し



 

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

6JUNE 2021

6月 2021
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記