東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

トランスポーター出現

映画トランスポーターは作品としてとても好きだが、豪華なスピードの出る車だが、ドライバーも含めて法律的には危ういところあり
紹介者のみ依頼を受ける、依頼主を聞かず、依頼品の中身を聞かず、受け渡しの時間に5分も遅れないなど

昨日、我が国政府はファイザーCovid19ワクチンの国内配送業務をドイツDHL、西濃運輸、ヤマト運輸に指定した

ファイザーCovid 19ワクチンはドイツビオンテック製造なので理解は出来る、多分ファイザーの依頼だろう
日本をニ分したら、関西以西 西濃運輸、関東以北 ヤマト運輸なのかな

全国日本通運、日本郵便、西の佐川急便など、大関横綱も外れる

しかし、ここに全国大手5社医薬品卸の登場がないのはとても不思議である
マイナス70度3時間内行政区に対して移送管理に向かなかったのか

(2/11 追記 2/10自民党コロナ対策合同プロジェクトチーム ワクチン移送を医療機関にノウハウある医薬品卸に
参加させるべきと提案を決め、S首相にも陳情するとのこと、K担当特任相にも直訴してくださいね、やっと医薬品卸連再始動しましたね)

武田製薬が国内生産する米国モデルナワクチンは近鉄エクスプレス配送に決まる

一昨年の医薬品卸談合問題が尾を引いているのか
とても残念である

今後通常医薬品の配送まで、考えたくないが、必然性を感じる
確か北の地域で医薬品合同物流センターを聞いたことがある

昨年どこかの県で超法規的にタクシーが荷物だけの移送を実験的に認められた記憶もある

そして米国のUEats国内会社が、国内のドラッグストアチェーンより2〜3類医薬品の配達を受け負うことが記事となる
まさに医薬品が食品扱いとなる、受け渡しは登録販売者が用意した医薬品をUEats 配達員が取りに行き、消費者に配達、お薬相談情報等はホームページ上で行うとのこと

数年前より、楽天、Amazonがオンライン薬局で購入、購入時の薬剤師による問診、服薬指導で、1〜3類が購入でき
配送業者、Amazon便で自宅まで来たり、コンビニに取りに行く、進化系か

コロナ騒動がさらに規制緩和の最先端を行くとは、
これを時代の流れととるか、それを悔しく見つめるか

そういえば
Covid 19 0410対応FAX処方箋の調剤後、オンライン診療受けた患者さんに対する自宅配達に対して、遠距離に対しては消費者から100〜200円いただいた他は、宅配便差額を政府が昨年より補償するルールを思い出す、さらに現在ではCovid 19自宅療養者に対する配達、配送も同様である

政府の医薬品の安全性、安定性を含む、医薬品の物流に対する基本が昨年のCovid 19対応で変わったかもしれない

今後、コロナ騒動が終わっても、在宅医療居宅療養指導が自宅訪問ではなく、オンラインで行く流れになるのか

薬剤師を含む、医療者はオンライン診療、服薬指導で、物流は物流業者でという、新しい流れのトランスポーターが見え始める

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

2FEBRUARY 2021

2月 2021
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記