東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

非常事態宣言発令

本日夜pm5:45には総理大臣が発令して、明日より実施となるスケジュールが昨日総理大臣ならびに対象となる7都府県の知事より発表された

そして強い要請、さらに営業を強行するところには公表を含めて、強い指示を出すと言う

やって良い業種はごく僅か、そして規制される業種は数限りない
その中でも、場合によっては床面積100m2以下は免除されるとのこと

しかしそのどちらにも書かれていない業種も数多くあるので、自主判断という難しい選択となる
大型ではない理美容室、さらにホームセンターは対象ではない

本日夜、都知事、職種発表を金曜日にずらす、どうも国との調整に失敗したようだ

自由主義国家ゆえに、隣国のような強制的なLOCK DOWN はないが、職種においてはまさに共産主義のように
徹底的排除も見られる、その業種においては金銭的補償を無条件で100%行うべきと考える

国民あっての国家であり、国家あっての国民ではないので、主権在民と考える

もちろん納税をしている日本に帰化した方はもちろん、外国人も他国籍を有することも評価しながら、在民の権利を有すると思う

このウイルス戦争は敵はウイルスであり、友軍は多国籍軍と考える

非常事態宣言下における研究室、研究機関は、大学院または大学に所属していたら、コロナウイルス以外の研究はほとんど継続は難しい

日本の研究レベルが宣言中の1カ月で堕ちるとは思わないが、動物実験中止なら、残念ながら1からの振り出しに戻るだろう

当薬局の実習生も、昨日大学からの指示で非常事態宣言後、実習中止となることを通告される

大学からの要請なら、私はもう少し頑張るのだが、理由が調整機構のお達しのことで都内一律なら、今回の非常事態宣言中実務実習は残念ながら諦めるしかない

昨日夜、中間ルーブリック評価を確定する、本日中に残りの研修項目の学習部分を薬学生と確認し、メール出題、メール回答、またはLINE又はそれに代わる回線でホームワークを支援したい

これを大学側がたとえ実習日数に加算しなくても薬学生が望むなら実行したい

そして実習終了予定日5/9以降も、もし非常事態宣言が1カ月で解除されていたら、2期の実習が始まる前の10日間有効に使えないかと考えました、さらに3期予定者が中止と昨日、大学から連絡があったので、2期の病院実習終了後、不足実習日数を補完したいと決意を昨日大学側に示しました

そんな提案をする受け入れ薬局が初めてだったようで明確な返事が残念ながらありませんでした

実習を受ける権利は実習生にあり、実習意欲のある薬学生と薬局を補佐するのが大学の役割と考えるのは私だけか

この実習が完遂されず、2022年3月107回国試の実務試験は机上の空論、又はシャワー形式の学習成果の確認で終わることになる、そのような薬剤師の登場を国民は望むであろうか

医薬品製造メーカー、医薬品卸、病院、診療所、薬局は当然、このウイルス戦争の最前線で、闘い続けている
もちろん感染予防に力を注ぎながら

そんな中で、薬学生の戦線離脱は残念だが、しっかり疎開をして、知恵と知識という地対空ミサイルを携帯、完全武装で再び前線に出征してくれることを祈ります

1月22日より、このブログで、このコロナウイルス 2に対して、感染予防を訴えて来た私の事前役割はオリンピックの1年延期、そして、この非常事態宣言により終了しました

今後は次のステップのピーク5月終了、6月スポットのみの感染に抑えるという考え方を多くの方に伝え、それを実現させることです

私は本日も粛々と興奮せず、非日常を受け入れ、公共団体の指示に従いながら、世田谷区地域住民のために、健康に留意しながら薬局を開け続けます

あの国民的災難の3.11以降の見えない敵、放射能汚染を乗り越えて来ている最中だから

世田谷区はすでに100名を超える感染者が出現している、彼らの1日も早い回復を祈りながら、新しい感染者を1人でも減らしたいと決意する

私及び松澤薬局の非常事態対応宣言である
 

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

5MAY 2020

5月 2020
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記