東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

久しぶりの勉強会参加

昨日は久しぶりに仕事に集中して、新コロナウイルス感染症報道を夜少し見る

仕事終了後、環七まで寒い中、早歩きをして下北沢タウンホール行きのバスに乗る
タウンホールで薬剤師会主催の泌尿器科の医師の講演をお聞きする

過活動膀胱、夜間頻尿というキーワードが中心、診断と治療

昨日お聞きした泌尿器科医はこの病気の治療に医薬品を使うが,
syndromeとして捉え、症状緩和、副作用の少ない医薬品を選ぶとのこと

院内調剤の医師なので、医師の本音をお聞き出来て良かったです
泌尿器科専門医、指導医である演者は外科医として感じる

外科医として医薬品に向かう姿勢に同感する

本日の医薬品との関連性がない為、触れられなかった膀胱炎と頻尿について、私が質問したが、私自身緊張して、質の良い質問が出来なかったのが残念

帰り道も寒さとバスによる感染の不安を抱えながら戻る

本日よりクルーズ内船陰性の方の下船が始まる、長い間の船内隔離お疲れさまでした

この隔離政策さまざまな見解があるが、下船させて、世界に散らばり3700人の動向が追えないことも、多いに不安を持つ

自国に戻り陽性になったら、これも我が国の政策ミスとして叩かれるだろう

我が国は感染症予防大国ではなく、マスギャザリング対策のために、感染症対策訓練、学習は私達薬剤師も昨年から始めたばかり、つまりオリンピック時の感染症患者発現しか考えていなかったのである

数ヶ月前倒しに過ぎないが、陰圧救急車もごく僅かしかない、陰圧室も同様の中で、このようなことが起き、
11年前のSARSマニュアルが教科書に過ぎない

さらに検疫官も、こんな大型クルーズ船に対応できる人数は
我が国にはいない、受け入れ病院、受け入れ感染症医師も限りはある

即席の検疫予備役、即席の病院感染症受け入れベット、医療スタッフの感染がとても心配である

2/18am6:20追記 岡崎市藤田医科大学病院にダイアモンドプリンス号下船の陽性無症状者24名と家族、関係者計32名がチャーターバスでam2:00過ぎ、第一便到着、2〜3日かけてトータル170名収容する予定です
4月から開院のため、医療行為ができない隔離施設ですが、医師等の医療相談は出来るとのこと

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

4APRIL 2020

4月 2020
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記