東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

富と健康の再配分

先日、横浜市において日本とアジアアフリカ諸国との会議が行われ、日本からの援助により、債務超過国の
負担を軽くする提案が行われて感謝された
消費税を10月から10%に値上げする、日本も決して豊かではないが、やはり富の再配分は必要だと思います

土地開発、産業振興だけでは国は豊かにならず、内戦や、その結果における難民、さらに飢餓、病気による
不幸の連鎖を断ち切る必要がある

特に食糧、ワクチン、医薬品問題は喫緊の課題、さらに高齢化の問題も起き始める

日本の外務省、JICAなど難民救済、食糧、経済援助をしてきたが、隣国の経済援助と言う名の侵攻、土地買収
企業進出は目に余るものあり

そのために日本の首相のイニシアチブが必要で求められた

そのアジアアフリカ会議が行われた、みなとみらいパシフィコ横浜カンンファレンスセンターにおいて、新聞社主催の
日本の感染症予防などの医療援助を行う医療団体、企業、政府機関厚労省、外務省、外郭団体などが一同に介したフォーラムが2日間開催された

私も縁あって、2日目の会議を朝9時半から夕方の4時過ぎまで傍聴することが出来た

特にワクチン問題、AMR、感染症予防はとても興味ある話題だった

日本の大手製薬企業はジェネリック至上主義に振り回され、新薬の開発に関わる研究費削減が重くのしかかる

10年ほど抗生物質の開発もごく僅かで、AMR対策が中心として行われて来たが、既存の抗生物質に配合薬を入れることにより、耐性を削除できる新しい発想が始まっている

使えない国々と使い過ぎて来た我が国の再配分の必要性あり

ポリオ、結核、エイズなどワクチンや新薬の登場で不治の病いではなくなって来たが、まだまだ世界では解決しておらず
日本においても、結核、エイズ、さらにインフルエンザなどの感染症の増加には撲滅、減少の対策は追いついていない

特に沖縄県においては数年前よりインフルエンザは年間を通しての感染症となっている

今年の40度近い高温、集中豪雨の影響は環境衛生、感染症の予防に特に不安を覚えた

日本における風土病の蚊、ダニを媒介した感染症の増加もとても気になり、さらに来年のオリンピックにおける
観光客の増加により、様々な国の感染症や昆虫類が飛行機、船に乗り、貨客として訪れる可能性あり

今まで単発的に起きた2009年豚インフルエンザ、SARS、さらに鳥インフルエンザ対策は4500万人分のワクチン、医薬品等で充分出来ていると思うが、風土病、さらに蚊やダニを含む感染症の予防、治療薬は決して、医療機関などの人的資源も含めて、決して満足いくものではない
 

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

9SEPTEMBER 2019

9月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記