東京都世田谷区

あなたと一緒に元気な生活を

松澤薬局

tel
03-3410-9969
fax

薬学講習会

昨日の日曜日、世田谷区三軒茶屋にある昭和女子大学人見記念講堂において東京都薬剤師会薬学講習会に参加する

まず都薬会長のぼやき風挨拶、研修シールの受付、整理大変になった
一部の人間の悪さの為にこのように真面目な皆さんにも迷惑がかかる

だけど私から言わせて見れば、研修シールと医療保険のかかりつけ薬剤師認定を混合させた結果だと思います
いっそのこと、医療保険のかかりつけ薬剤師の基準変更をすれば、このシール問題一気に解決ですよね

患者さんの為の学習がいつの間にやら、行っただけで能力検定となるのは不思議ですね
そういえば都薬司会者も、JPALSの説明を再開した、今更という気がします

それなら、薬剤師研修手帳を大型にして、レポート提出をまとめて出せばよいと思います、もちろん電子報告でもいいと思います

さらに会長の挨拶は
北海道の医薬品卸が経営している調剤チェーンが薬歴未記載を修正して、返金を縮小させようとしたことについて
3年前に千葉県のチェーンの未記載であれだけ騒いだのに残念
未だになのは、わからない

この為に都薬の皆さんには先日再度、薬歴未記載チェック判定をし直していただき、都薬に報告をしていただいた

今回の件も管理薬剤師、現場の薬剤師にペナルティが出ただけ

10月以降の薬機法改定では管理者責任、オーナーの責任を取ることになる予定である

都薬はそのために東京都と連携して、管理薬剤師研修を10月から4回かけて行うので、その中の1日にオーナー、
管理薬剤師は出席してほしいと強い言葉をもってお話になる

もちろん犯罪はその薬局の責任、その団体に所属していたからと言っても、都薬はその会社のオーナーではない

もう少し保健所、東京都にしっかり注意、監視をしてもらえばいいことである

さらに支払い団体には契約の遵守を守るように各薬局及び調剤チェーンに通告をしてもらえば良いと思います

都薬は公益社団法人、私たちは世田谷薬剤師会一般社団法人なので、目的が異なる団体と感じたのは私だけか

そのあと薬学講習、妊娠、授乳中の薬剤の使い方、発生生理学的に説明、さらに副作用奇形などの確率と
服用しないことによる母体の疾患の影響下による妊娠中の胎児への影響まで、確率的、さらに薬理学的な話が続く

1人目の講師は医師、レジデント時代は循環器、今回の病院に来た時母性内科を創設したと自分の歴史と現在の治療方針を
お話になる、私は10年近く前、3、4年前、そして今回と3回目のお話を聞く

2人目の講師は病院の薬剤部長だった時の現場の話の魅力から、薬科大学教授になると学問的になりすぎた気がした、さらに薬学生に話しかける授業的だったのがとても残念だったが、

前半の会長挨拶より、薬学講習会らしさがあり、この講師のお話、昨年3回お聞きする

大昔、研修会で、私の後に続けて講演していた方で、これだけ差が開くとは、私が成長しなかったか衰退したか
私は成長は微増、衰退はしていないが、

薬局の売り上げは成長していない

そして研修会後、満足して、夕陽が沈んだ街並みを40分かけて歩いて戻りましたよ

コメント

・・・必須項目となります。
名 前
メールアドレス
コメント

9SEPTEMBER 2019

9月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

カテゴリー別

カテゴリー別 (旧ブログ)

各月の日記